コンテンツ

トイレリフォームのタイミング

いつトイレリフォームをするのか、タイミングが重要です。大掛かりなことで、時間がかかることもあるため、通常通り使用できる状態であれば、いつトイレリフォームをするのかのタイミングを見極めることが難しいです。大きな費用が発生することもあるので、何度もできることではありません。どのような時にトイレリフォームをするのか紹介します。

■交換するときにはチャンスが生まれる

トイレリフォームのタイミングとして、トラブルが起きたときに修繕だけするのではなくリフォームして全体的に改善させるということあります。水漏れが発生したとき、致命的な理由で便器を交換しなければいけない時にトイレリフォームも検討します。ひびが入ってしまい、水漏れが続く状況なら、交換する必要があります。
交換となると、かなりの手間と時間がかかります。取り外すことによって、床材の変更もしたほうが見栄えが良くなります。一緒に壁紙の交換をしても良いです。便器を外したことで、タンクレスに変更して、スペースを広くして車いすが入れるようにもできます。トラブルが起こった時は、部分的に修理するよりもトイレリフォームをしたほうが将来的に節約となることもありますので、業者と良く相談しましょう。

■排水管のパッキンを外すタイミング

便器が割れるだけではなく、便器を外さなければいけないときにもトイレリフォームを同時に行うと良いです。排水管と便器の間にある部分が劣化したとき、どうしても水漏れが生じます。それも使用した水が漏れてくる状況は、早期に改善しなければ衛生的な問題も生み出します。
この部分の交換には、便器を外すことが前提となります。便器につながる排水管の接続部に取り付けられているためで、これは大がかりな作業となります。取り外したときには、床に使われている材料にも手を付けたほうがいいことが多いので、リフォームするならぴったりのタイミングです。床材を変えたいと思えば便器を外さなければならず、同時におこなえば工事の費用を節約できます。

■まとめ
リフォームのタイミングのひとつは、効率的にできるかどうかです。便器を外さなければいけないとき、交換するなら、他の部分も同時に施工し、費用を削減できるでしょう。トラブルが起きた時は、一緒に改善できる部分がないのか検討してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ