コンテンツ

トイレリフォームは自分でできるか

トイレリフォームは、大きな費用を必要とします。何のためするのか目的によっても違いますし、範囲の広げ方でも変わりますが、計画を立てなければうかつにできない金額となるケースもあります。

■電気の配線は難しい

快適な環境にすることが、トイレリフォームのポイントです。目的にもなる部分ですが、なにをすれば快適なのかを検討してみる必要があります。最近ではウォシュレットが当たり前になってきましたが、取り付けたいだけであれば、後付のものを利用すれば済むでしょう。さまざまなパターンに対応できる商品が開発されており、自分でも取り付けられるものが出てきました。
問題点は電気です。ウォシュレットは家電製品であり、電気がなければ使えません。電気を使うことは理解できても差込プラグがなければ増設する必要があります。これは素人でできるものではなくなるため、トイレリフォームも検討するべきポイントです。

■便器の交換後の問題

便器の交換を自分でできないかというのも大事なポイントです。便器の交換は、ある程度の知識があれば、そこまで難しいわけではありません。取り外すことができ、自分で配管ができれば交換できます。交換できたとしても、水漏れなどが起きないかどうかは自己責任です。問題が起きれば自分で直さなければならず、それだけの手間も掛かります。
交換した古い便器の処分も大変です。粗大ごみとして行政単位での扱いが異なりますが、自分で運ばなければいけない場合も出てきます。処分にも費用がかかることがあります。専門業者に依頼すれば、水漏れも責任もって改善しますし、処分に関してもお任せすることができます。

■まとめ
自分でリフォームできる範囲は、DIYに慣れた人でも、そこまで広くはなりません。処分などの手間を費用換算したときには、トイレリフォームがそこまで高額ではないことが見えてきます。どこまで手を付けるのかでも違いがあるため、一度業者とともに検討してみて、自分ができる範囲はどこか考えてみるのもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ