コンテンツ

トイレリフォームは知識が重要

快適な環境を作るために、トイレリフォームは有効な手段となります。実施して本当に良かったと感じる状況を作るためには、業者と検討するときにも意見が出せるほどの知識を持たなければいけません。

■タンクレストイレの特徴と欠点とは

トイレリフォームでは、快適な便器を取り付けることが重要です。さまざまな種類が生まれてきており、タンクレスもそのひとつとして利用されてきました。タンクのスペースが必要なくなるため、広い空間を作れます。
タンクがない分、水道の圧力を利用して流します。洗浄にも利用するため、一定の圧力がなければ設置することは出来ません。水を流すタイミングは、電気で制御します。当然配線が取れなければならず、近くになければ電設工事が必要です。それだけの費用がかかりますが、車いすを乗り入れるなどスペースを作るためには有効な手段です。

■音漏れを小さくすることができる

トイレリフォームの理由として、音の問題も出てきます。どうしても便器などの性能に目がいきますが、年頃の子供がいると、トイレの音が聞こえることに不快感を覚える場合も少なくありません。便器の種類として、消音型も出てきています。マンションなどの集合住宅では、排水の音が響く場合がありますが、少しでも静かな環境を作れます。
扉の形状を考え、音漏れしにくくする方法も考えられます。どのような環境にしたいのか、目的をはっきりさせ、どんな方法を取れるのか調べてみるだけでも、知識がかなりつきます。業者との打ち合わせもスムーズになるでしょう。

■まとめ
知識があると、業者からの提案も目的にあっているかどうかすぐに判断できます。自分たちから目的の提示をしてブレがない状況を作れるのも大きなポイントです。知識がなければできない以上、失敗しないためにもリフォームする方法を頭に入れましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ