コンテンツ

車いすでも快適な環境を目指すトイレリフォーム

トイレリフォームには、必ず目的が存在します。何をしたいのか明確にすることが必要ですが、スペースを広げるために行うのも目的のひとつです。狭すぎると、将来的に問題が発生することが考えられます。

■車いすを使うための環境整備

トイレのスペースを広げることは、簡単なことではありません。構造的な部分で変更するからです。車いすを使わなければいけなくなったとき、間口が狭いと入れません。自力でたどり着ける範囲であれば、対応ができないこともありません。しかし、目の前までいかなければ使えない状況になると、余裕を持って入れるスペースが必要です。手すりなども取り付ける必要がありますし、扉の構造も変えなければいけなくなります。この変更をするのは、トイレリフォームの大きな目的になるでしょう。

■業者と相談してリフォームの知恵を得る

トイレリフォームでは、便器を外し新しくするだけではありません。構造の変更を考えられますが、すべての条件でできるとは限らない条件です。トイレは設計的にはデッドスペースを生かすことで作られます。階段下に作られたりするのも、スペースとして他に使い道がなかったりするためです。そうなると、かなり狭い場所に設置されていることも珍しくありません。それでも、扉をスライド式にするだけでも、使い勝手は大きく改善します。タンクレストイレにして、トイレの中のスペースを広げる方法も、車いすの使用にプラスに働くポイントです。リフォームする業者に相談すると、他にもさまざまな知恵が出てきます。

■まとめ
トイレリフォームをしてどのようなトイレにしたいのか目的がはっきりしていると、専門業者に相談するときにも話が迷走したりせずに早く進みます。車いすを使う前提で考えれば、寸法も割り出しやすくなります。必要な設備は何かも見えてくるため、目的をたてることがトイレリフォームには欠かせません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ